2016年09月26日

[Windows] Windows10でUSBハードディスクが認識できなくなった場合の話し

突然、PCの外付けハードディスクが認識されなくなった。前の晩にシャットダウンするときまでは正常に動作していたのだが、まったく認識されない。ハードディスク自体はLEDも点いているし、動作している感じではある。少し古いものなので、ついに壊れてしまったかと思ったが、他のUSBハードディスクをつないでも同様に認識されない。どうやら問題はPC側のようで少し安心する。

PCは7月末にWindows10に駆け込みでアップデートした旧Windows7マシン。アップデートではほとんど問題でなかったので安心していたが、ここに来てついに問題発生か。
まずは、ハードディスクの電源入れ直しやら、ケーブルのつなぎ直しやら、PCの再起動やら、あれこれ試すが全然認識されない。ここで、遅ればせながらデバイス マネージャを動かしてみる。



USB3.0のホスト・コントローラに警告が出ている。プロパティを見てみると・・・

デバイスドライバが動いてない・・・
これは認識されないはずだ。
マイクロソフト製のドライバだし、更新をかけてみても最新だと言われる。
仕方がないので、ドライバを削除し、Windowsの再起動。
再起動後に確認すると、ドライバは再インストールされ、今度はちゃんと開始している。USBハードディスクをつなげば正常に認識された。

根本原因は不明だが、Windowsは10になってもWindowsだということだろうか。

posted by TOYO at 00:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

[映画] 『シン・ゴジラ』MX4D版 & 都内ゴジラ巡り

三度目の『シン・ゴジラ』、今までは立川シネマシティの極上爆音上映だったので、少々趣を変えようと思い、MX4D版を見に行った。MX4D自体が初めてなので、主にMX4Dの話し(ネタばれはなし)。

映画館はゴジラが迎えてくれる東宝シネマズ 新宿
MX4Dも初めてなら、この映画館も初めて。
実物大のゴジラヘッドの高さは、昔のゴジラサイズの50メートルだそうなので、シン・ゴジラはこの倍の高さとなる。
これは相当に大きい。ただ歩いているだけでも、それは大変だろう。
ゴジラのサイズを想像できるのが、この映画館の良いところだと思う。
座席は真ん中あたりを予約。当日は満席になっていた。
前席との距離や段差が結構あるので快適。最近の映画館はそこそこゆったりしてきているが、それでも座高の高い人が妙にきっちり座っていると、頭がスクリーンのギリギリに出っ張ってきて、イラつくことがあるので(笑)

MX4Dだが上映開始直前の動作で、思ったよりも動くし、顔が結構濡れるし、映画に集中できるかなと心配になったが、始まってしまうとそんなに気にかからなかった。一番激しかったのは、その開始前だった気がするくらい(まぁ、初めてだったから一番印象に残ったのだろう)。
戦車の振動やヘリの風、機上の揺れに、ゴジラの水しぶき、なかなか雰囲気は出ていると思う。
ただ、この効果のおかげで、より臨場感が増したとか、ましてや作品が面白くなったとか、そんな感じではなかった。ただ、この映画、あまり劇中の人の主観的な映像が少ないので、効果が今一つなのかもしれない。背中を突く効果など無理に使わないと、使うシーンないという感じ。
そもそも、怪獣映画のくせにアクションシーンの割合はそんなに多くない。立川の爆音でも、マッドマックスのときと違い、ずいぶん大人しく感じたものだった。飽きるほどアクションシーンが続くようなハリウッド映画の方が、1200円余分にはらった甲斐はあるかもしれない。

そろそろ内容についても書こうかと思っていたのだが、すでにあちこちで、思ったことも、思いもしなかったことも、なるほどと言う事も、それはないだろうと言う事まで、書き尽くされているので、代わりに(?)最近、都内で撮影したゴジラ写真を飾っておく。
日比谷シャンテシン・ゴジラ

3階の八重洲ブックセンター前に設置。
1/60サイズで人間より大きい。出来は写真のとおりとても良い。
周りにロープ張ってあるけど、すぐ前に立ってツーショットの記念撮影も可能。結構、オジサンたちが写真撮っているから恥ずかしくない。たぶん。
シャンテ・ゴジラの後ろ姿。すごく格好良い。
ちなみに展示は9月25日(日)までらしいので、まだの人は今週末がラストチャンス。
この後、どこに行くのだろう?どこかに常設してほしいが。
日比谷シャンテの前の合歓の広場のゴジラ

これは1995年から常設の1/00 ゴジラ。
モデルはVSビオランテか。意外に小さい。
今は、台座にシン・ゴジラ フェアのポスターが張られて、シン・ゴジラ公開記念スペシャル仕様っぽい。
池袋サンシャインシティのゴジラの足
サンシャインシティ アルパ1階 噴水吹抜前広場に設置中

期間中の土日祝日は12:00〜14:00にスタッフの案内で足の下に入って写真撮影ができる、らしい。

これも9月25日まで。

今年の夏はゴジラで終わったなぁ。
posted by TOYO at 01:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

[VRゴーグル] 1000円以下のVRゴーグルを使ってみる

巷ではPSVRが発売だ、VR元年だ、とか騒いでいるので、いつまでもダンボール製のVRゴーグルじゃないなとネットを見たら、プラチック製のVRゴーグルもだいぶ安くなっていて、千円切るものもあったので購入してみた。

SOYANレジスタードマーク 3D VR メガネ V2
Amazonで998円だった。
もちろん、スマートフォンを入れて使うタイプ。
安いので、どんなものかなと思ったが、予想以上にがっちり、しっかりしている。これで千円なら問題無し。
スマートフォンの取り付けは、小さな吸盤で貼り付ける。そんなに吸着力はないが、実用上これも問題無し。
スマートフォンのサイズは6インチまでということで、Xperia Z4でもGalaxy Note3でも大丈夫だったから、大抵のものは平気だろう。
レンズは前後左右に位置調整可能。結構、動く。
顔に当たるところが剥き出しのスポンジというのが、少々チープ感を出しているが、千円だし。


実際の使用感だが、Youtubeストリートビューのアプリ使ってみると、良い感じである。ただし、今まで使ったのが紙製であるからあまり比較にはならないかもしれない。

一つ問題点は、外部からスマートフォンの操作手段が何もないこと。Cardboardもどきだと磁石のスイッチとかあったが、それもない。まぁ、あの磁石のスイッチはあまり役に立たず、結局隙間から指を入れて操作してたのだが、このゴーグルはしっかりしている分、指を入れる隙間もない。再生をスタートさせてから蓋を閉じるという使い方にになる。逆に、紙製と違って何度も開け閉めすると壊れてくることもなさそうなので(紙製はマジックテープのところが破けてくる)これもありかと思う。でも外部からの操作方法は検討の余地あり。
あと、小さなレンズ拭きとストラップが付属していた。
と思ったら、ストラップがNFCタグだった。これでアプリ起動程度の操作はできるということか。

posted by TOYO at 01:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

[映画] 『シン・ゴジラ』が面白くて二度見する(ネタばれ無し)

『シン・ゴジラ』、ようやく二回目を観に行く。
世間ではもう何度も観ている人も少なくないようなので何の自慢にもならないが、自分としては映画を続けて二回も観るのは稀なことだ。と言いつつ、『スターウォーズ・フォースの目覚め』も2Dと3Dで二回観ているのだが、そもそもスターウォーズとゴジラの新作が続けざまに観られるなんて、なんて良い年なのだろう(笑)
パンフレットも今回は購入できた。映画のパンフを買うのも久しぶりだ。
本屋から一瞬、ゴジラ関係の本が見当たらなくなってたが再び並びだした。で、ついつい買ってしまう。
『シン・ゴジラWalker』は無難にお勧め。
『フィギュア王 No.222』は、ゴジラの雛型の写真がたっぷりと、樋口真嗣(監督・特技監督)竹谷隆之(雛型造形)のインタビューあり。

自分は小学生時代、休みのたびに東宝チャンピオンまつりを観てた世代なので、ゴジラに対する思い入れはたっぷりある。
だから、大人になっても、平成シリーズもミレニアムも観てきたわけだが、そしてそれはそれで楽しいのだが、不満もないわけではなかった。それは、一言で言えば、もっと大人向けの怪獣映画は作れないのか、につきる。

この不満は、ゴジラではなく、平成のガメラで少し解消された。一作目の『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)を観た時は「こういう怪獣映画が観たかったんだ」と感激したものだ。続く『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)で、よりリアルに描かれる自衛隊と怪獣の戦いは今回のシン・ゴジラに通じるものもあると思う。

平成ガメラ4Kデジタル復元版 Blu-ray BOX
「ガメラ/大怪獣空中決戦」、「ガメラ2/レギオン襲来」、「ガメラ3/邪神〈イリス〉覚醒」、「小さき勇者たち~ガメラ~」の4作品収録

当然、今度は平成ガメラのようなゴジラ映画が見たい、という想いが湧いてくる。これに応えるがごとく1999年に『ゴジラ2000』、そしてミレニアムシリーズが始まるのだが・・・何かが微妙に違う。
平成ガメラの金子修介監督による『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』すら、平成ガメラには及ばないように思えた。なぜ、ガメラでできて、ゴジラでできないんだという新たな不満。
ところが、まったく意外なことに、この平成ガメラのようなゴジラ映画が観たいという願いはハリウッド映画で叶えられてしまった。

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組
敵怪獣のムートーはギャオスにしか見えない(褒めている)。嬉しい一方で、米国がこんな怪獣映画を作るようになったら、日本映画に勝ち目がない、ゴジラすら彼の国に取られてしまうのかという寂しい気もしていた。

そんな中で現れたのが、この『シン・ゴジラ』である。不安も大きかったが、期待もあった。なんとなく不安の方が大きかったようにも思う(笑)
しかし結果は、期待をはるかに超えるものだった。GODZILLA(2014)が見たかった怪獣映画なら、シン・ゴジラは見たことがない新しい怪獣映画だった。
とにかく嬉しい。ようやく公開一月が経ったので色々書こうと思ったが、まだ当分は上映続きそうだし、今回はストーリには触れないでおこうと思う。

posted by TOYO at 02:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

[ネットワーク] フレッツ光のモデム無料交換は詐欺?

フレッツ光回線の業者を名乗る男性が家を訪ねてきた。この地域の設備はだいぶ古く、最近ユーザも増えて速度が出なくなってきたので、設備交換の工事を行うという。

その人が示した電信柱の上の設備は、十数年前に我が家がフレッツを始めたときに設置されたものだ。その後、交換があったかどうかは知らないが、そのままなら確かにだいぶ古いだろう。
ちなみに当時、はじめはADSLと思ったのだが、うちは回線速度がだいぶ悪い地域で、それならこれからは光だ、FTTHだと、Bフレッツを申し込んだら、近所では初とかでだいぶ遠くの電信柱から工事をしてたのを覚えている。

今回の工事はNTTが行うので費用は不要という。それで速度が上がるなら有難い、と思ったら、うちのモデムの型式を聞いてきた。古いものだと高速の回線に対応してないとかで、モデムの写真見せながら熱心に聞いてくる。
我が家は、一度他の業者に変えて、数年前にまたフレッツに戻し、その際にモデム交換している。最近、契約はソフトバンク光に変えたけど、モデムはNTTのままだ。
ところが、ソフトバンクの名前を出した途端に、「それでは関係ない話しでした」と、それまでの熱心さが嘘のように、あっという間に帰っていってしまった。それは吃驚するくらいの豹変ぶりだった。

それからしばらくして、つい先日、今度は女性から電話があった。
やはり、近所の回線が高速なものに変更されるので、古いモデムの家は希望者から順次変更するという。交換は無料、さらにモデムのレンタル料も無料になるという。
レンタル料なんで払ってないというと、900円だか取っているという。うちはソフトバンクの契約だから違うのでは、と言った途端にまた「それでは関係ありませんでした」と速攻で電話を切られれた。

なんだかおかしい。契約はソフトバンク光だが、使用している光回線はフレッツである。モデムもNTTが設置したものだ。交換は同じように必要だろう。それとも、ソフトバンクの方で交換を行うということだろうか?

ここでネットで「フレッツ光 モデム交換」で検索かけてみると、出てくる、出てくる、モデム交換を騙った詐欺行為の記事。中には同一人物ではないかと思うくらいそっくりの話もあったが、一年以上前の記事なので定番なのだろう。
最後まで騙された記事は見つからなかったので、どうなるかわからないが、他のプロバイダに乗り換えさせられるのだろうか。なんでソフトバンクは対象外だったかわからないが変更が難しいのか。
なんにせよ、NTTは無料でモデム交換をやってないそうなので、この手の話しは気をつけたほうがよさそうだ。
posted by TOYO at 18:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

[Android] iKeyをXperiaで使おうとして困ったこと、とその対策

Galaxy Note3からXperia Z5に変更して少々困ったこと。
以前からイヤホンジャンクに挿して使用するハードウェアスイッチiKeyというものを使用していた。必需品というほどでもないが、あるとそこそこ便利なものだ。値段も安いし。

ワンクリックでアプリが起動!Android端末向けの便利なキースイッチ「i-Key」[並行輸入品]
Amazonで送料込みで数百円

ところが、Xperiaでも使用しようとしたところ、iKeyのホームページが無くなっていることに気付いた。
iKeyのアプリは最新版が自分のホームページからリリースされている。GoogleのPlayストアにあるのは一番古いバージョンなのでバージョンアップしなくてはならない。これはこれで何とも怪しい雰囲気があるのだが(笑)、バージョンアップしないと日本語化もされないし、一番使っていたメモリクリーナーの機能もない。

仕方ないので、Galaxy Note3からフリーウェア使ってiKeyのアプリを取り出し、Xperiaにインストールしてみた。これでとりあえずアプリは動くようになったのだが、どうもiKeyアプリとXperiaは相性が悪いらしい。
iKeyを押すと、イヤホンが挿入されたと誤認識され、プレーヤアプリが実行されてしまう。Xperiaのスマート設定変えてみたり、再インストールしたり、あれこれ試したが駄目。一瞬動いた時もあったが、すぐ誤動作が始まる。

ネットを調べると代替アプリを使ったら動いたという話しがあったので、keyCutというアプリを試してみると無事に動かすことができた。ちなみに、このアプリ、使い始めたらすぐにmSwitchという名前に変わり、アイコンも変更になったので無くなったかとびっくりした。
今のところ、このmSwitchは順調に使用できている。本家(?)のiKeyよりも機能も豊富なくらいだ。ただし、肝心のメモリクリーナー機能がない・・・そこだけが残念。

posted by TOYO at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

[Android] ドコモからソフトバンクに乗り換えて不満に思ったこと

少々前になってしまったが、スマートフォンをドコモからソフトバンクに変更した。それまで使ってたGalaxy Note3が2年経過し、自宅の光回線をSoftBank光に変更したついでにスマートフォンの契約も変更すると月々の料金がだいぶ安くなるからだ。新しい機種はSONYXperia Z5にした(Xはまだ出てなかった)。これもちょうどAndroidが6にバージョンアップしたところで、本体もOSも新しくなって料金安くなり、トータルではだいぶお得であったが、気になることもある。

まずdアカウント、ドコモのスマートフォンを解約した後も、dアカウントはメールアドレスを新たに登録するだけで継続することができた。dポイントも残っているようだ。
しかし、dマガジンは解約されてしまった。dマガジンはドコモの契約がなくても利用できるので、継続されるかと思ったが意外だった。もしかすると、料金の支払いを携帯の契約と一緒にしていたせいかもしれない。dマガジンは同一月なら何度入退会を繰り返しても料金変わらずということだったので、再度入会をした。で、その支払いを確認しようと思ったのだが・・・確認方法がわからない。My domcomoで料金確認しても解約月以降のデータがない。ここは携帯契約の料金のみのようだ。


そして、実はいまだにdマガジンの支払い履歴が見つかっていない・・・
そもそもドコモのWebサイトは、My docomoとかdアカウントとかdポイントクラブとか、とにかくうんざりするくらいわかりにくい。自分が何のサービスに入っているのか、引き落としのカードは何か確認するだけで一苦労だった。
dアカウントやdポイントのページから調べようとすると駄目だし、My docomoでも「料金の確認・お支払い」は駄目。
正解は
ホーム > My docomo > ドコモオンライン手続き > ご契約内容確認・変更
どうせ次に調べるとき忘れてウロウロしそうだから書いておく。

ドコモの不満ばかりも何なのでソフトバンクの不満も書きておくと、ソフトバンクのXperiaでは、SONYが提供するアプリXperia Linkが使えない。GoogleのPlayストアからダウンロードすることすらできない。


ドコモやAUのXperiaは使えるのにソフトバンクは駄目。ネット調べると、テザリングの方式が独自だからではないかと書かれているのを見つけた。SIMフリーにしてもソフトバンク回線しかテザリングできないとかも書かれていた。気になるところだ。
なににしろ、自分はタブレットにXperia Z2 Tabletを使っており、Xperia間の連携はXperia Linkが便利と聞いていたので残念である。
posted by TOYO at 12:05 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする