2017年06月18日

[SF] 小松左京の短編「アメリカの壁」

小松左京の短編SF小説「アメリカの壁」(1977年発表)が、今のトランプ政権のアメリカを予言してたとかで話題になっているらしい。そんな話しをネットで見かけた。

何度か書いているが、自分は小松左京のファンであり、ほとんどの小説は読んでいる。でも「アメリカの壁」は名前くらいしか記憶に残っていない。もちろん小松左京の短編小説は山のようにあるし、ほとんど読んだと言っても、全部覚えているわけではない。むしろ30年以上経って忘れてしまった方が多い。
気になるのでちょっと調べたら、「アメリカの壁」は1982年に文春文庫から出ているので、やはり読んでいる可能性が高い。同じ本に収録されている「眠りと旅と夢」「ハイネックの女」などは記憶に残っている。
いよいよ気になったので、Kindleで購入した。話題になったおかげか「アメリカの壁」だけで電子書籍で売られている。短編一つで買えるのも電子書籍の良いところだと思う。

q.jpgアメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
小松左京(著)

面白いが60頁の短編なので小粒でもある。あと、印象に残りづらかったのは、アメリカが「壁」により世界から孤立するというアイデアが、すでに「物体O」 (1964年の作品)で読んでいたからだろう。こっちは、壁に遮断されるのは日本だが。
広大な地域が外の世界から孤立するアイデアは、この後「首都消失 」(1985年)でも使われるから、お気に入りだったのだろうか。だいたい10年おきだが、三作とも「***が世界から完全に遮断されたら」という設定が共通なだけで、内容的には全く別の作品ではある。

話しを「アメリカの壁」に戻すと、確かに今のアメリカを予言していたと言えなくもないが、むしろ70年代終り当時のアメリカの状況が今と近いのだろうと思う。このあと、80年代に入って日米の貿易摩擦だととか、スーパー301条だとか、日本車壊したりだとか、色々騒ぎがあったような気がする。

「アメリカの壁」は短編集もKindleで販売されているので、未読の人はこっちの方もお勧め。

ak2.jpgアメリカの壁 (文春文庫)
小松左京(著)
収録「眠りと旅と夢」「鳩啼時計」「幽霊屋敷」「おれの死体を探せ」「ハイネックの女」

posted by TOYO at 01:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

[映画] 2017年のキングコングと2005年のキング・コング

今春に公開された映画「キングコング: 髑髏島の巨神」は、なかなか派手な怪獣映画で楽しめた。宣伝の段階で、怪獣映画をストレートに出していたのも好感もてた。シン・ゴジラのおかげかもしれないが、世の中、怪獣映画に追い風な気がする。
そして、やはりハリウッドの怪獣映画といえば、キングコングだと思う。

「髑髏島の巨神」も面白かったけど、2005年に上映された「キング・コング」も面白い、というか個人的にはこっちの方が好きだったりする。久々に見たくなってDVDを引っ張りだした。

この2005年の「キング・コング」がどのくらい好きかというと、自分としては珍しくプレミアム・エディションのDVDを買っている。

20170514kg1.jpgキング・コング プレミアム・エディション
ナオミ・ワッツ (出演), ジャック・ブラック (出演), ピーター・ジャクソン (監督)

自分は特典映像の類はあまり興味ないので、DVDはほとんど通常版なのだが、実はこれには「スカル・アイランド徹底解読本」なる小冊子が付録で付いており、それ目当ての購入だった。
20170514kg2.jpg

本作のスカルアイランドも、新種の恐竜やら巨大昆虫、何やらわからない生物やらが徘徊する島で、それらの説明が100ページあまり載ってる楽しい本である。
20170514kg3.jpg

舞台が1930年代の分、未知の世界への冒険はリアリティがあるし、スカルアイランドは不気味だし、ナオミ・ワッツ は魅力的だし、あらためて観ても面白い作品だが、難を言えば三時間という上映時間が怪獣映画としてはいささか長い気はする。何度か観ていると、スカルアイランドのくだりだけでいいかな、とも思ってしまうが、ニューヨークで暴れるコングも魅力ではある。

ひたすら怪獣アクションの新作ももちろん悪くはないので、来月にはブルーレイも発売だし、また見比べてみたいと思う。

kingkong.jpgキングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

posted by TOYO at 02:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

[散策] 秩父のハナビシソウ園と祭の湯

先週末、秩父に行ってきた。
本当は天空のポピーが以前に行って見事だったので、もう一度行こうかと思ってたのだが、今年は天候不順で約4割の面積しか咲いてないとWebにあったので止めて、もう少し駅から近いところでハナビシソウ園へ行ってみることにした(ちなみに天空のポピーのWebは実に正直で、今日も満開だけど例年より見劣りますと書いてあった)。

20170528ti2.jpg長瀞ハナビシソウ園

長瀞駅から神社の方に歩いて七、八分。1万平方メートルに黄色のハナビシソウ、別名カリフォルニア・ポピーが咲いている。
ちなみに天空のポピーに咲いているのは紅いシャーレーポピーで、ちゃんと咲けば5万平方メートルに1,500万本だそうだ。シャーレーポピーの別名はヒナゲシ、虞美人草、コクリコなど。これを知った時、ヒナゲシってこんなに紅い花だったんだと驚いたものだった。
ちなみにハナビシソウ園にも一角にシャーレーポピーが咲いていたが。

今回もう一つの目当ては、4月に西武秩父駅前にオープンした駅前温泉 祭の湯
20170528ti1.jpg

ここは以前は仲見世通りがあったところ。仲見世通りは風情があると言えなくもないが、初めて行ったときは少々がっかりしたものだったが、今回は面積もはるかに大きく広がり、こんな立派な複合温泉施設に生まれ変わった。

まずはフードコートでくるみ蕎麦を食べる。蕎麦は大盛、かき揚げも付けた。
20170528ti3.JPG

そこそこ美味しかったけど、肝心の胡桃のタレが見るからに少ない。節約しながら食べたけど、最後まで持たなかった・・・
まぁ、くるみ蕎麦の店は以前から駅の近くにあったけど、小さな店で混んでることもあったので、食べやすくはなったのは有難い。でも、やっぱりタレ少なすぎ。

ところで、日曜の昼なのにさほど混んでおらず不思議に思ってたら、温泉がレジオネラ菌が出たとかで休業中であった。オープンしたばかりなのに・・・
ポピーも不調、温泉も休業、大丈夫か秩父。
posted by TOYO at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・行楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

[Windows] Creators Updateを手動で実行

4月11日より開始されたWindows10 Creators Update、5月に入っても我が家のPCには配信されないので、休みのときに済ませて起きたいと思い、ゴールデンウイークの最終日に手動でアップデートをかけた。

MSからの配信は問題の少ない新しめのPCから行われているので、古いPCは手動でアップデートしない方がいいという情報もネットで見かけたが、とりあえず思い切って実行してみた。

それから一月弱、特に問題なく使えている。
ちなみにアップデートの時間は、準備に50分ほど、その後に再起動で更新プログラムの更新とやらになり、40分経過してもまだこの状態・・・
20170531wu.jpg

放置して寝る。翌朝には終了していた。やはり休み中にやっておいて正解。

なお、使用感はあまり変化なし。
Edgeとか使っていればアップデートを感じるのかもしれないが自分はChrome。もちろん他にもあれこれ少しづつ変わっているところもあるが、今まで通りに使っている限りで変化を感じるのは、IMEの入力モードが変わった際に、大きく画面に表示がでるくらいか。
あと、タスクバーにWindows Ink ワークスペースのボタンが表示されるようになった、と思ったらこれはAnniversary Updateから加わった機能だった。Sticky Notesがここから呼び出せるのが意外に便利。
posted by TOYO at 01:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

[映画] 坂野義光氏の冥福を祈りつつ「ゴジラ対ヘドラ」を観る

シン・ゴジラのブルーレイを何度か観ているうちに、昔のゴジラも観たくなり「ゴジラ(1954)」「ゴジラの逆襲」と進めていたところに坂野義光氏の訃報が届いた。この週末は順番飛ばして「ゴジラ対へドラ」を観ることにする。

「ゴジラ対ヘドラ」は1971年(昭和46年)の坂野義光監督の作品である。ゴジラ作品の中でも異色作であり、当時小学生だった自分も非常にインパクトを受けた映画だ。
坂野氏は、本作の中でゴジラに空を飛ばせたために特撮映画か離れることを余儀なくされたらしいが、30年以上経って、iMAXによるゴジラ3Dという企画を発表する。この時、私の当時のブログにこの話しを取り上げた。少々、批判的な感じに書いてしまったのだが、その後、プロデューサを名乗る方から丁寧なコメントをいただいた。もちろん、本当の関係者かどうか、まして板野氏だったかなどは不明だが、内容的にイタズラとは思えず気になっている。
ちなみに当時のブログ記事はこれ。個人のマイナーなブログにこんな嘘を書く理由もないと思うのだが。

2017014he.jpg

それはさておき「ゴジラ対ヘドラ」、子供向けの東宝チャンピオンまつりで公開されたのだが、当時社会問題だった公害をテーマにした作品で、とにかくグロくてエグい映像が、とても子供向きとは思えない映画に仕上がっている。
サイケな映像をバックにボディペインティングした女性が踊ったり、薬でトリップしちゃったとしか思えないシーンもあったり、かと思うと途中に不思議なアニメーションが挿入されたり、しまいにはゴジラが空を飛んだりの怪作だ。

ただ、このように書くと変なだけの映画のようだが、この頃のゴジラ映画の中では自分としては好きな作品である。テンポも程よいし、強敵のヘドラ相手に満身創痍で戦うゴジラは必見だと思う。
難を言えば、音楽がどうもコミカルで力が抜けること、あと、やはりゴジラが飛ぶのはやりすぎだったという事だろうか。

gvsh.jpgゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(9) 2016年 11/15 号
ゴジラ対ヘドラ

豪華11大コレクション

posted by TOYO at 01:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

[アクションカメラ] 5千円カメラの試し撮り(動画あり)

5千円台のアクションカメラDBPOWERでいくつか試し撮りをしてみたので参考までに公開。
とりあえず試し撮りなので、内容は適当。あと、音声は周りの声を拾ってしまったので削除して無音とした。

4月の中目黒の石神井川の桜。少々暗いのは天候が悪かったせいで、カメラのせいではない。


5月の連休の横浜港。晴天だと鮮やかに撮れている。


もう一つ、横浜港の大桟橋。


以上、値段にしてはよく撮れていると思うが、問題が一点、右上隅と右下隅が黒くなって画像が写っていない。自分の購入した製品固有の問題かも知れないが、とりあえずメーカに問い合わせてみようと思う。

初めの動画は、スマートフォン用の自撮り棒にカメラをつけて撮影したが、さすがに強引なので、Amazonでアクションカメラ用の自撮り棒を探したところ、3点セットで安いのを見つけ他ので購入した。

TEKCAM アクセサリーセット スポーツカメラ用
自撮り棒、フローティングハンドグリップ、車載吸盤マウントの3点セットで1,499円。
20170513ac.jpg

横浜の撮影はこの自撮り棒で行った。少々ネジが甘く感じられるところもあるが、実用上問題なし。この値段であれば文句はないと思う。


q.jpgDBPOWER ウェアラブルカメラ 12MP 1080P フルHD 1200万画素 170度広角レンズ 30M防水 バイク/自転車/車などに取り付け可能 19個のアクセサリー付け ブラック
posted by TOYO at 17:11 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

[SF] 小松左京『見知らぬ明日』、やっぱり傑作

先月買い込んだ小松左京のKindle本を読み進めているが、久々に読んでも古さを感じることなく、とにかく面白い。先日読み終わった『見知らぬ明日』は、設定を現代に変えて映画化してくれたら『シン・ゴジラ』超えるんじゃないかと思うくらいである。

mishiranu.jpg見知らぬ明日 小松左京
KADOKAWA / 角川書店 (2015/8/25)

1969年に書かれた173頁の長編作品。
本作、一言で言えば宇宙からの侵略ものである。

「宇宙人が攻めてきた」と口にした途端に馬鹿馬鹿しく、嘘っぽく感じられる感覚は、現代も本作が書かれた50年近く前も変わらない。だが、そこからよく知った今日の現実は終わり、見知らぬ明日が始まる。

とにかくリアルである。
まず第一に、宇宙人は派手に大都市に攻めてきたりしない。侵略が行われるのは中国の奥地である。当時、60年代後半の中国といえば文化大革命の真っ最中、各国との国交は絶たれている。情報が届かぬ中で侵略戦争は進んでいく。
そして第二に、共通の敵に対して人類は簡単に一致団結などできない。冷戦状態の米ソ、そして欧州、アジアの国々がそれぞれの思惑で政治劇を繰り広げる。その騒ぎの中で、戦いは拡大し激烈さを増していく。
やがて、宇宙人の圧倒的な戦力により戦線は中国からソ連、インドの国境を越える。侵略者には地球の通常兵器はほとんど意味をなさない。唯一、効果があるのは核兵器のみ。ついに大国は核攻撃を開始するが、宇宙人は世界中に展開を始める。もちろん、日本にも。

と、まぁシン・ゴジラを世界レベルにスケールアップしたような話しだが、これは50年近く前に書かれた小説である。
とりあえずシン・ゴジラ観て、面白かった人はぜひ読んで欲しいと思う。
posted by TOYO at 02:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする