2016年02月29日

[VRゴーグル] フリーペーパーにVRゴーグルのオマケ

Googleの段ボール製VRゴーグルCardboardについては何度か書いてきたが、ついに駅とかで無料で配られているフリーペーパーのオマケにVRゴーグルが付いてくるようになったようだ。
思わず駅でもらってきた、このフリーペーパーはSUMO新築マンション首都圏版
組み立て式のSUMOスコープとやらがついている。必要最小限のシンプルな作りだが、マジックテープや両面テープはちゃんと付いている。周りの目さえ気にしなければ、電車の中でも組み立てられる。
レンズがだいぶ安物だが、とりあえずは使える。磁石やNFCタグの類は付属せず、底に穴が開いていて、そこから指を入れて操作するようになっている。実はこれが一番実用的な気もする。
マンションのモデルルーム体験アプリ用らしいが、普通のVRゴーグルなので、CardboardのアプリやYoutubeも普通に使用できる。
なお、次号が3月1日に出るそうなので、2月29日までに入手する必要があるかと。ちなみに今日(2月28日)の夕方、JR登戸の駅にはまだあった。

たぶん費用もさほどかからないだろうし、どんどん雑誌の付録になってくれれば普及するんじゃないかなと思う。今でも千円程度で買うことはできるが、ちょっと割高感がある。
なにより紙製はすぐに壊れる。

安価な非紙製もあるようだ。使い勝手どうだろう。
全方位空間展望システム BotsNew ボッツニュー
ポリエチレン製らしいので、段ボールよりは耐久性あるか。
ハコスコ プラスコ1眼
プラスチックダンボール製らしい。皮脂付着問題を解決、の売り文句が笑える(たしかに紙製は油が染みる)。
一眼タイプなので3Dは無理。

posted by TOYO at 02:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

[Kindle本] 光文社新書の本 三冊

昨年末くらいにAmazon光文社新書Kindle本のセールをしていたので三冊ほど購入した。一通り読み終えて、どれも面白かったので紹介しておく(セールは終了)。

宇宙はどうして始まったのか (光文社新書)
松原隆彦 (著)

宇宙の始まりをテーマに、現代宇宙論を広く浅く解説した本。
数字の類は一切出てこないので、気軽にざっくり宇宙論を知りたい人に良いかと。
読んで思ったのは、最近どんどん物理学も進んで色んなことが判ってきたように思ってたのだが、意外と行き詰っているのかなという感じ。仮説は多いが、なかなか決定だが出ないようだ。
まぁ、先日、重力波が観測されたとか騒いでいたし、なんのかのと進んではいくんだろうとは思う。

昆虫はすごい (光文社新書)
丸山 宗利 (著)

昆虫の面白いエピソードを集めた本なのだが、本当に「すごい」話しばかり、これでもかと続く。
たとえば、ある種の寄生蜂は、産み付けた一つの卵が数千の卵に分裂して増殖する。これだけでもすごいが、この幼虫た
ちがイモムシの中で他の寄生蜂の幼虫と戦い、そのための兵隊幼虫までいるんだという。
そもそも蜂の仲間の多くは、小さな寄生蜂で大型の蜂は少数派なんだとか。
もちろん寄生蜂意外の話しもたくさん載っているので、虫嫌いでなければお薦め。

教養としての聖書 (光文社新書)
橋爪 大三郎 (著)

聖書を読むにあたってのツボを説明した入門書的な位置づけの本らしいのだが、自分のようにキリスト教徒でもないし、分厚い聖書を読む気にはならならいが、何が書いてあるかざっくり知りたい人にもいいんではないかと重思う。
ちなみに取り上げているのは「創世記」「出エジプト記」「申命記」「マルコによる福音書」「ローマ人への手紙」「ヨハネ黙示録」なので、そのくらいは知っているという人は注意。

しかし、Amazonが次から次とKindle本のセールするので、いよいよ紙の本は買わなくなった。月末は月替わりセールの本を慌ててチェックするようになった(笑)
ちなみに二月のセールでは以下購入。

僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史
NextPublishing
古川享 (著)

汝、コンピューターの夢 〈八世界〉全短編
創元SF文庫
ジョン・ヴァーリイ (著)


posted by TOYO at 17:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

[Android] グラフィティ入力がとんでもなく便利だ

Andorid用の グラフィティ入力アプリGraffiti Pro for Android が無料になったと聞いてインストールしてみた。というか、今まで存在知らなかった。
かつてPalmのユーザだった自分としては、懐かしいのでちょっと試してみよう程度の気持ちだったのだが、使ってみるととても便利で、そのままGalaxy Note3の標準入力になってしまった。

自分はフリック入力はいささか苦手で、といってキーボード入力はキーが小さくて打ちにくい。仕方ないので少しでも長文のときはペンで手書き入力を使っていたのだが、これもカナの誤認識でいらつくことが多い。
結局、スマートフォンでは文字は最小限しか入力するまいとしてきたのだが、グラフィティ入力のおかげで、これがすっかり変わってしまった。

グラフィティ入力は、こんな感じで独特の手書き入力を行う。
実はPalmを使っていたときは、グラフィティ入力は普通の文字の手書き認識が難しいので、その代替手段くらいに考えていたのだが、それは誤解だったということが、今頃になってわかった。

とにかく、高速に入力できて認識率が圧倒的に良い。
スマートフォンを方手持ちして親指だけでスラスラと入力できる。
おまけに指先を見る必要がないのでブラインド入力ができる。バックスペースやカーソル移動も文字入力と同様のジェスチャーで出来るので、まったく指先を見なくて良い。これは本当に快感ですらある。タッチパネルの入力としては実に画期的だと思う。

デメリットは、日本語はローマ字入力になってしまう点だろうか。
あと、日本語変換は取って付けたようで、もう少しなんとかならんかという気は少々する。しかし、トータルではそれを補って余りある便利さで、もう他の入力方法には戻れない気がする。

posted by TOYO at 02:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

[道具] マッキントッシュ フィロソフィーの鞄が使いやすい

先月、古くなった仕事用の鞄を買い換えた。
ビジネスバッグは、ぱっと見た目はあまり変わらない(笑)のだが、使い勝手は結構違う。ただ、実際使い始めてみないと、なかなか使い勝手がわからないのが問題だ。
今回は当たりだったようで、今までの鞄の中でも群を抜いて使い易い。

マッキントッシュ フィロソフィー MACKINTOSH PHILOSOPHY
TROTTER BAG 51378

タテ31cmxヨコ42cmxマチ15cm
B4サイズのファイルやノートPCが余裕で入るサイズ。
素材はコーデュラバリスティック・ナイロンで安っぽい感じはない。

一見、普通の2気室に見えるが、その間にあるマグネット開閉の1気室があり、これが便利だ。
ファスナーがなく出し入れが楽なので、頻繁に使うモノの格納に最適。
自分はスマートフォンやタブレットをここに入れているが、とにかく便利だ。

収納も多い。
全面に三つの中ポケット、その後ろにも大ポケット。背面にも大ポケットはある。
そして、内ポケットも豊富にある。おかげで、バックインバックは不要だ。
慣れないうちは、どこに入れたか分からなくなるくらいだった(笑)

鞄は個人の趣味や荷物で何が良いかだいぶ違うと思うが、個人的にはとても気にいっている。

posted by TOYO at 17:18 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

[Apple] iPadをAndroidのBluetoothテザリングの子機にする

知っている人には今更の話しだと思うが、iPadはAndroid端末のBluetoothテザリングの子機にすることができる。
自分はこれが出来ないとずっと思っていた。以前にネットで、iOSのBluetoothにはDUNプロファイルが実装されていないのでBluetoothテザリングの子機にはなれない、という話しを目にしてなのだが、これはどうやらiPhoneの話しで、iPadは大丈夫らしい。
試してみると、あっさりつながった。

外出時は、Androidスマホ(Galaxy Note3)とiPad mini(初代)を持ち歩いている事が多い。iPadはWiFiモデルなので、ネットにつなぐ際はこれまでWiFiテザリングを使用していた。しかし、WiFiはバッテリを消費するし、両端末のWiFiをON/OFFするのは少々面倒なので、iPadは外ではほとんど電子書籍リーダであった。
まぁ、これはこれでも良いのだが、iPad使っているときに、メールなりネットをアクセスするにはスマホを出さなくてはいけない、と言うのは少々冴えないと思っていた。これが、Bluetoothテザリングが使えることがわかったので、ようやく解決である。

あとはBluetoothだと速度の問題であるが、使ってみたところ、少々もったりした動きではあるが、とりあえず動画とか大量にデータを送らなければ、なんとかなりそうだ。
気になったので、通信の速度を測ってみた。
Speedtest.net Speed Testという無料アプリを使用。
なかなか使い易い。
結果は上から、
Bluetoothテザリング、スマホはLTE
Bluetoothテザリング、スマホはWiFi
直接、 WiFi接続

数字で見ると、圧倒的にBluetoothは遅い。親機のAndroidスマホがWiFiか携帯回線かでも結構な差が出たのが意外だった。まぁ、WiFiがあるのにBluetoothテザリングってことはないから、比べることでもないのだが。

posted by TOYO at 02:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする