2016年03月21日

[SIM] 雑誌『家電批評』の付録 IIJmioコラボSIM

昨年末にSIMが特別付録だったデジモノステーション 2016年2月号は、気づいたときには売り切れで買い損ねたが、本屋に行ったら家電批評2016年4月号にコラボSIMの付録が付いてたので、今度はしっかり買ってきた。
二ヶ月後にスマートフォンの契約更新を控え、そろそろ乗り換えも検討していたので、ちょうど良いタイミングだ。

家電批評 2016年 04 月号【特別SIMのスターターコード付き! 】
付属しているのは、SIMカードそのものではなく、SIMを入手できるスターターコードである。Webから申し込まなければならないので、ちょっと手間だが、まぁ仕方ない。

説明は結構詳しく書かれている。
Webから申し込む際に、「プリペイドSIM(お試し版)」「月額料金プラン」の選択ができる。前者のプリペイドを選ぶと、無料で500MBのデータ通信ができるSIMが手に入る。500MB使い終わったらチャージするか、月額プランに移行できる。その際にも手数料はかからないそうだ。
つまり、データ通信500MB無料、手数料3,000円無料、というのがこの付録の特徴のようだ。ちなみに月額契約は、データ通信のみだと3GB/月で900円、5GB/月だと1,520円10GB/月は2,560円。

とりあえず、500MB使ってみて、問題なければ乗り換えてもよいかなと思っている。

posted by TOYO at 23:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

[模型] 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見てプラモデルを買う

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がそろそろ公開終了なので、3D上映を観に行ってきた。公開直後に2D版は観ているので本作二度目である。

同じ映画で二度も映画館に足を運ぶなんて、どれだけぶりだかも思い出せないが、スター・ウォーズはやはり思い入れが半端なく強い。もちろん一作目の『エピソード4/新たなる希望』は何度も観に行った。あの頃は、あとでビデオで観るなんてことが無かった時代だった。

映画観た勢いで、ここ何年も自粛していたプラモデルも我慢出来ずに買ってしまった。

BANDAI1/144 スター・ウォーズ
ミレニアム・ファルコン(フォースの覚醒)


BANDAI1/72 スター・ウォーズ
X-ウイング・ファイター レジスタンス仕様


『フォースの覚醒』は、とにかくファルコンとX-ウィングが格好良かった。

その前に発売されてたプラモデルも購入。一時、品薄だったが、今はまた出回っているようだ。
バンダイ 1/48 スター・ウォーズ
X-ウイング・スターファイター
ムービングエディション


バンダイ 1/72 スター・ウォーズ
X-ウイング・スターファイター



プラモデルを自粛していたのは、買っても作る暇なく積んでおくだけだったので、もう増やすまいという理由だった。
今回のプラモデルはさすがバンダイ、成形色で色分けされているし、デカールの他にシールも付いているので、凝らなければ手っ取り早く作れそうである。
と、言いつつ、やっぱり色は塗りたいという思いも湧いてくる・・・

しかし、自作が楽しみだなぁ。

posted by TOYO at 01:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする