2016年06月30日

[ネットワーク] Evernote無償版が端末数制限に


Evernoteはかれこれ8年来のユーザである。といっても何でもEvernoteなどというヘビーユーザではなく、複数の端末で使える便利なノートくらいのライトな使い方だ。一時期、プレミアム会員を試したが、データを溜めこむだけで整理つかなかったのでやめてしまった。今は月間アップロード量は無償版でも全く余裕である。

そんな自分にEvernoteからお知らせのメールが届いた。

すでに巷で騒がれているとおり、無償版では利用可能な端末数が2台になるという通知だ。
端末2台はなかなか辛い。スマートフォンにタブレット、ノート(Mac)にデスクトップ(Windows)、最低でも4端末はいる。Web版はカウントされないようなので、PCはそれで済ませる手はあるが。

Evernoteは営利企業だし、便利なサービスを利用するなら金払えという理屈はわかる。
ただ自分のような使い方の場合、長年使い続けた愛着以外には、使い続けたいと思えるかが、なかなか微妙だ。
執行猶予は30日、それまでに決めないといけない。
と思ったが、ポイントがプレミアム会員1年9か月分も溜まっていることに気付いた。ちなみにポイントは安価なプラス会員には使えないらしい。とりあえず、しばらくはポイントで延命しようと思う。ただ、将来を考えると色々な意味で不安ではある。

ネットで販売されているEVERNOTE プレミアムパックは、まだ価格そのままでお得な感じだがいつまで買えるのだろうか。
EVERNOTE プレミアムパック 3年版 2015  ソースネクスト


posted by TOYO at 01:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

[玩具] ゴジラの浮世絵の扇子と提灯

映画シン・ゴジラの公開が近づいてゴジラ関連グッズが盛り上がっているが、その中でもゴジラ浮世絵シリーズがいい。
日本を代表する怪獣ゴジラに、日本の伝統の浮世絵、さらに扇子や提灯ときたら、買わない訳にはいかない(笑)
さっそく、ゴジラ浮世絵の扇子を買って、部屋の壁に飾ってみた。
ゴジラ 浮世絵 扇子
(上)大怪獣海洋出現ノ図
(下)富嶽三十六景大怪獣ノ図


ネット通販では品切れ状態のようだが、東京駅一番街に行ったら普通にたくさん売っていた。
扇子は浮世絵ではないゴジラ柄もあるのだが、そっちは提灯にしてみた。
ゴジラ 提灯型マグネット

店でゴジラの絵葉書をオマケしてくれた。
ちょっと得した気分。


他にも暖簾とかノートとかパンツとか色々商品展開されている。
ついつい買ってしまいそう・・・
ゴジラ 浮世絵シリーズ
B6リングノート フォーカート
ゴジラ 浮世絵シリーズ
A4シングルクリアファイル2枚セット フォーカート


posted by TOYO at 01:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

[酒] フレッツのポイントで「宇都宮カクテル」

SoftBank光に乗り換えたので、少し溜まっていたフレッツのポイントを使い切ってしまうことにした。フレッツのポイントはカタログから商品を選ぶのが多いので少々使いづらい。
何にしようか、しばし悩んでこれにした。

宇都宮カクテル8本セット


左から、二荒杜スカイジンジャー/芳醇梨ギムレット/栃乙女ダイキリ/杉並木ビッグアップル/大谷梅ファジーネーブル/王林茶プリンセスローズ/那須瞳ロイヤルブルーベリー/巨峰雫パープルクィー ・・・名前がすごい(笑)

ちなみに宇都宮は何故かカクテルの街なのだそうだ。
この宇都宮カクテルは、以前に物産展か何かで数本買って飲んだことがある。こんな機会でないと8本セットなど飲む事もないだろうと購入してみた。
冷しておいて、この夏に楽しみたいと思う。


5本セットであれば楽天でも売っている。何故か8本は見当たらない。
宇都宮カクテル 150ml×5本セット
大谷梅ファジーネーブル、杉並木ビッグアップル、栃乙女ダイキリ、芳潤梨ギムレット、二荒杜スカイジンジャー

posted by TOYO at 01:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

[ネットワーク] SoftBank光にフレッツから乗り換えたらBBユニットにはまる (2)

前回の続きで、もう少し具体的にSoftBankの光BBユニットの接続について記しておく。

まず、ホワイト光電話光電話(N)光電話機能BBフォン加入電話、と言葉が実に紛らわしいので簡単に意味を記す。
ホワイト光電話はソフトバンクの光電話で、光電話(N)はNTTの光電話のこと。
光電話機能はNTTのゲートウェイを使用せずに光電話(N)とBBフォンが利用できるソフトバンクのサービス。
BBフォンはソフトバンク(Yahoo!BB)のIP電話。加入電話は昔ながらのNTTの電話のこと。
それぞれのメリット、デメリットは、どうせほとんど使わないので調べる気も起きない(笑)

接続方法については、以下のSoftBank光のWebに記載されている。
ホーム> お客様サポート> 接続と設定> SoftBank 光

このページの配線パターン判別チャートのリンクから、それぞれの条件に応じた接続方法を得ることができる。ここでQ&A形式で質問に答えていくと、条件にあった接続方法が示されるのだが、この方式の悪いところは回答を間違えると、間違った答えに辿り着くことだ。技術的な説明があまりないので、答えが間違っているかどうかが判断しずらい。

自分は5問目の「ホワイト光電話を利用しますか?」で間違えて、「利用しない」と答えるところを「利用する」と答えて、間違った接続方法に行きついた。間違えた理由は前回書いたとおり、SoftBank光に乗り換えた際にNTT東の光電話からホワイト光電話にも変更になったとおもってたせいだ。実際にはNTTの光電話が継続で利用できるようになったいた。

以下、正確を期するため、前述のSoftBank光のWebから接続図を引用して、うちでの失敗例と成功例を記す。実際の接続は条件により様々なので配線パターン判別チャートで自分の場合をしっかり確認したほうがよい。

間違った接続、つまりホワイト光電話を使う場合はこれとなる。
図の引用は
http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/wiring/029.html

ネットワークは、ホームゲートウェイのUNIから光BBユニットに接続。
電話は光BBユニットのみで、ホームゲートウェアとの間はつなげない。
ちなみに、これだとホームゲートウェア側のEthernetのルータ機能は使えなくなるので少しもったいない気がする。

正解の光電話を使う場合はこれ。
図の引用は
http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/wiring/027.html

ホームゲートウェアからは通常のWiFiルータのように光BBユニットを接続。
電話は光BBユニットからホームゲートウェアにも接続する。


まぁ、わかれば当たり前なのだが。

posted by TOYO at 02:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

[ネットワーク] SoftBank光にフレッツから乗り換えたらBBユニットにはまる (1)

自宅の光回線を数年前から使ってたYahoo!BB光 with フレッツからSoftBank光に変更した。
電話番号はそのまま、NTT東のフレッツとYahoo!BBの契約が一本になり、料金も下がる、諸経費無料、その他キャンペーンで割引あり、ということで、替えた方がどう考えても得そうである。

工事なども無しということで、実際に開始日にも何もすることなく切り替わった。光電話もそのまま使えている。

という感じでまったく問題無しな感じであったが、はまったのが、契約の数日後に送られてきた光BBユニットの接続だった。
突然何が送られてきたのかと思ったが、今回の契約はBBフォンがセットになってたので、そのためのBBユニットらしい。
SoftBank光利用開始から3日以内に接続せよとのこと。ほとんど固定電話を使用しないので、BBフォンは不要なのだがセットなので仕方ない。
とりあえずWiFIルータの機能もあるようなので、うちの古いWiFiルータより性能良いかもしれないしと期待し繋げてみる。
付属のガイドに従って接続すると、ネットワークはEthernet、WiFiともに問題なし。ただ、WiFiの速度に変化はない。残念。

次に電話を試してみる。着信は問題無し。発信は、BBフォンがデフォルトで050の発信になる。ここで「0000」を付けて発信するとBBフォンをパスして光電話の発信になる・・・はずだったが「おかけになった電話番号は・・・」のアナウンス。

BBフォン以外の電話発信ができない。どうやら接続を間違えたらしい、と思い込んでしまったのが失敗だった。結局は電話機側のACR機能のせいだったのだが、ACRなんて存在自体すっかり忘れていた。
そのため、接続を変更してみたり、機器をリセットしたり電源入れ直したり、繰り返すはめになってしまった。
そして、ここでさらに勘違い。今までNTT東の光電話を使っていたのだが、今回のSoftBank光への乗り換えでホワイト光電話に変更になったと思っていたのが、さらに混乱を招いてしまった。実際には光電話を継続して使用しているらしい。光電話とホワイト光電話ではBBユニットの接続方法が異なるので、ホワイト光電話のつもりで接続するとさらにつながらなくなる。

さんざん試したあげく、一番初めの接続が一番ましだった(光電話の発信はできないが)と元に戻したあたりで、落ち着いて考えたらACR機能がIP電話とぶつかることとか、ホワイト光電話の勘違いとかに気づいた次第。

そんなこんなで、ようやく接続された光BBユニット。
具体的な接続方法は次にでも書こうと思うが、やっぱり回線の変更はあなどるとはまるものである。

ちなみにケーブルがグチャグチャなのはBBユニットのせいばかりではない(笑)

posted by TOYO at 02:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする