2016年07月25日

[VRゴーグル] 『日経PC21』にVRゴーグルの付録

GoogleCardboardみたいな紙製のVRゴーグルは、雑誌の付録にぴったりだと常々思っているのだが、フリーペーパーのオマケとかはあったが、意外とコンピュータ雑誌では見当たらない。気づいてないだけかもしれないが。
と思ってたら、日経PC21誌 9月号の付録がVRゴーグルだったので、なんとなく買ってしまった。すでに紙のゴーグルはいくつもあるのだが、ついつい。
この付録は、Cardboardに比べると、ずっとシンプルで本当に必要最小限の形となっている。フリーペーパー(SUMO)のよりもシンプル。ただ、レンズはとりあえずSUMOよりはちゃんとしている。
でも実は、Cardboardのようにがっちり端末を覆ってしまうより、このように剥き出しの方が操作しやすかったりする。結局、端末の画面をタッチ操作しなければならないので、Cardboardタイプは面倒、何度も開け閉めするのでマジックテープのところが破れてくるし。

ただ、そろそろ紙製ゴーグルは目新しさなくなってきたから、もう少し素材を変えて丈夫にしたVRゴーグルをどっかの雑誌で付録にしてもらえないだろうか。プラスチック製なら500円くらい高くなっても買うのだが。

日経PC21(ピーシーニジュウイチ)2016年9月号
特集 すぐに探せる!コピペも自在!パソコン情報整理術
特集 無料でここまで楽しめる! 今すぐ体験VR
特別付録 スマホひとつで360度&3D! VRゴーグル
特集 ここがツボ! わかっておきたいLINEの常識
posted by TOYO at 01:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

[酒] 「一番搾り 東京づくり」と「&TOKYO」

オリンピックに都知事に、冴えない話題ばかり続いている東京だが、とりあえずスーパーで見つけたキリン「一番搾り 東京づくり」を買って飲む。

東京の誇りを限定醸造 、夢に燃える東京の人を応援する、世界に誇れる一杯。
キャッチコピーはいい。飲んでもおいしい。でも、何が東京かはよくわからない(笑)
東京で作っているのかと思えば、横浜工場製造と堂々と書いてある。
ただ、パッケージのイメージカラーが「&TOKYO」のクチナシ色なんだそうだ。「&TOKYOって?
ネット検索したら、「&TOKYO」は東京都が推進する「東京ブランド推進キャンペーン」のブランドコンセプトに基づくロゴ・キャッチコピーらしい。
さらに「& TOKYO」は、5つの”東京独自の価値”を5色で表現していて、その中の一つが支子色(くちなしいろ)で、「常に活力のある都市としての価値「Exciting」は、気分を明るくする「支子色」で表現します」だそうで、いよいよ意味不明だった。
とりあえずホームページまであった。
&TOKYO 東京ブランド公式サイト

「&TOKYO」は今一つ意味不明だが、一番搾り東京づくりはキリンの47都道府県の一番搾りの一つなのだそうだ。他県のも飲み比べてみたいが、入手できるのか調べたら、お中元用のセットは売られていた。店頭で各県のが買えれば、手軽に飲み比べ出来るのだが。

キリン 一番搾り地元うまれオリジナル飲みくらべ
内容/一番搾り×1、一番搾りスタウト×2、北海道づくり・仙台づくり・取手づくり・横浜づくり・名古屋づくり・滋賀づくり・神戸づくり・岡山づくり・福岡づくり×各1、各350ml

posted by TOYO at 02:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする