2016年09月21日

[VRゴーグル] 1000円以下のVRゴーグルを使ってみる

巷ではPSVRが発売だ、VR元年だ、とか騒いでいるので、いつまでもダンボール製のVRゴーグルじゃないなとネットを見たら、プラチック製のVRゴーグルもだいぶ安くなっていて、千円切るものもあったので購入してみた。

SOYANレジスタードマーク 3D VR メガネ V2
Amazonで998円だった。
もちろん、スマートフォンを入れて使うタイプ。
安いので、どんなものかなと思ったが、予想以上にがっちり、しっかりしている。これで千円なら問題無し。
スマートフォンの取り付けは、小さな吸盤で貼り付ける。そんなに吸着力はないが、実用上これも問題無し。
スマートフォンのサイズは6インチまでということで、Xperia Z4でもGalaxy Note3でも大丈夫だったから、大抵のものは平気だろう。
レンズは前後左右に位置調整可能。結構、動く。
顔に当たるところが剥き出しのスポンジというのが、少々チープ感を出しているが、千円だし。


実際の使用感だが、Youtubeストリートビューのアプリ使ってみると、良い感じである。ただし、今まで使ったのが紙製であるからあまり比較にはならないかもしれない。

一つ問題点は、外部からスマートフォンの操作手段が何もないこと。Cardboardもどきだと磁石のスイッチとかあったが、それもない。まぁ、あの磁石のスイッチはあまり役に立たず、結局隙間から指を入れて操作してたのだが、このゴーグルはしっかりしている分、指を入れる隙間もない。再生をスタートさせてから蓋を閉じるという使い方にになる。逆に、紙製と違って何度も開け閉めすると壊れてくることもなさそうなので(紙製はマジックテープのところが破けてくる)これもありかと思う。でも外部からの操作方法は検討の余地あり。
あと、小さなレンズ拭きとストラップが付属していた。
と思ったら、ストラップがNFCタグだった。これでアプリ起動程度の操作はできるということか。

posted by TOYO at 01:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック