2017年05月15日

[映画] 坂野義光氏の冥福を祈りつつ「ゴジラ対ヘドラ」を観る

シン・ゴジラのブルーレイを何度か観ているうちに、昔のゴジラも観たくなり「ゴジラ(1954)」「ゴジラの逆襲」と進めていたところに坂野義光氏の訃報が届いた。この週末は順番飛ばして「ゴジラ対へドラ」を観ることにする。

「ゴジラ対ヘドラ」は1971年(昭和46年)の坂野義光監督の作品である。ゴジラ作品の中でも異色作であり、当時小学生だった自分も非常にインパクトを受けた映画だ。
坂野氏は、本作の中でゴジラに空を飛ばせたために特撮映画か離れることを余儀なくされたらしいが、30年以上経って、iMAXによるゴジラ3Dという企画を発表する。この時、私の当時のブログにこの話しを取り上げた。少々、批判的な感じに書いてしまったのだが、その後、プロデューサを名乗る方から丁寧なコメントをいただいた。もちろん、本当の関係者かどうか、まして板野氏だったかなどは不明だが、内容的にイタズラとは思えず気になっている。
ちなみに当時のブログ記事はこれ。個人のマイナーなブログにこんな嘘を書く理由もないと思うのだが。

2017014he.jpg

それはさておき「ゴジラ対ヘドラ」、子供向けの東宝チャンピオンまつりで公開されたのだが、当時社会問題だった公害をテーマにした作品で、とにかくグロくてエグい映像が、とても子供向きとは思えない映画に仕上がっている。
サイケな映像をバックにボディペインティングした女性が踊ったり、薬でトリップしちゃったとしか思えないシーンもあったり、かと思うと途中に不思議なアニメーションが挿入されたり、しまいにはゴジラが空を飛んだりの怪作だ。

ただ、このように書くと変なだけの映画のようだが、この頃のゴジラ映画の中では自分としては好きな作品である。テンポも程よいし、強敵のヘドラ相手に満身創痍で戦うゴジラは必見だと思う。
難を言えば、音楽がどうもコミカルで力が抜けること、あと、やはりゴジラが飛ぶのはやりすぎだったという事だろうか。

gvsh.jpgゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(9) 2016年 11/15 号
ゴジラ対ヘドラ

豪華11大コレクション

posted by TOYO at 01:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

[PC] DDR3メモリの片面・両面実装について

最近知って驚いたことだが、PCのメモリであるDDR3 SDRAMのモジュールには、片面実装両面実装のものがあり、うちのような古いPCでは最近の両面実装のDDR3は動かないらしい。
20170501me.jpg

我が家のPCはWindows7時代のものだから、もうだいぶ古い。
メモリも当初はDDR3 SDRAM 2GB×2の計4GBだったが、以前に片方だけ4GBに交換して、計6GBにした。
6GBはなんだか半端な数字だが、メモリ増やした効果があまり感じられなかったので、それ以上交換するのをやめたのであった。
しかし、Windowsも10になったことだし、そろそろ8GBにしておくかと、新たに4GBのメモリを購入し、残ってた2GBのメモリと交換してみた。

しかし、このメモリを付けるとWindowsのロゴが出た瞬間にPCにリセットがかかってしまう。メモリ間の相性かと思い、単品で使ってみるとBIOSすら立ち上がらない。壊れているのかと、他のPCで試してもらうと、そっちではちゃんと動く。ようは、たまに聞くマザーボードとメモリの相性の問題らしい。

しかし、動く4GBのメモリと動かないものの違いは何だろう?気になるというか、何度も買い直したくないので、他のメモリを借りて試してみた。

そして、分かったことは始めに書いたようにDDR3のメモリモジュールには両面実装と片面実装があること。そして、うちのPCでは片面実装のメモリは動かないらしいということであった。
ネットを調べてみると、やはり同様の話しがあって、古いPCでは両面実装は駄目な場合があるらしい。

しかし、両面とか片面とかモジュール上の実装の話しで、DDR3としてスロットの信号とか規格化されているのではないのか?メモリの製品パッケージ見ても両面とか片面とか書いてないではないか。まったく納得がいかないが、動かないものは仕方ない。
両面実装の4GB DDR3を購入しようと思ったが、最近のものは片面実装のようだ。結局、中古のメモリを買ってきたところ、ようやく8GBで動かすことができた。

でもやはり納得がいかない(苦笑)
posted by TOYO at 02:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

[玩具] ガシャポン 『ちびっとシン・ゴジラ(第2形態)』

映画「シン・ゴジラ」は上映時の興奮も落ち着き、今はブルーレイの発売を楽しみに待つ日々だが、駅のガチャガチャでこんなものを見つけた。もちろん回した。

バンダイ ちびっと シン・ゴジラ(第2形態) 【全4種セット】20170312gz.jpg
上から、ひっかかりVer.、ゆびのりVer.、乗り越えVer.

なにしろ第二形態のみ、最近はなんでもガチャになると感心。これだけではゴジラとわからないぐらいのものだが、でもシン・ゴジラからゴジラを知った若い人たちは、ゴジラってのはこういうもんだという認識なのだろうか。だとすれば、庵野秀明はゴジラ像を変えたなと思う。何がすごいかと言えば、それでもゴジラと認められるってところだろう。

さてブルーレイ発売まであと10日だ。

4988104105042.jpg【先着特典】シン・ゴジラ Blu-ray2枚組(ペアチケットホルダー付き)【Blu-ray】
posted by TOYO at 02:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

[Windows] Windows10でUSBハードディスクが認識できなくなった場合の話し

突然、PCの外付けハードディスクが認識されなくなった。前の晩にシャットダウンするときまでは正常に動作していたのだが、まったく認識されない。ハードディスク自体はLEDも点いているし、動作している感じではある。少し古いものなので、ついに壊れてしまったかと思ったが、他のUSBハードディスクをつないでも同様に認識されない。どうやら問題はPC側のようで少し安心する。

PCは7月末にWindows10に駆け込みでアップデートした旧Windows7マシン。アップデートではほとんど問題でなかったので安心していたが、ここに来てついに問題発生か。
まずは、ハードディスクの電源入れ直しやら、ケーブルのつなぎ直しやら、PCの再起動やら、あれこれ試すが全然認識されない。ここで、遅ればせながらデバイス マネージャを動かしてみる。



USB3.0のホスト・コントローラに警告が出ている。プロパティを見てみると・・・

デバイスドライバが動いてない・・・
これは認識されないはずだ。
マイクロソフト製のドライバだし、更新をかけてみても最新だと言われる。
仕方がないので、ドライバを削除し、Windowsの再起動。
再起動後に確認すると、ドライバは再インストールされ、今度はちゃんと開始している。USBハードディスクをつなげば正常に認識された。

根本原因は不明だが、Windowsは10になってもWindowsだということだろうか。

posted by TOYO at 00:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

[VRゴーグル] 1000円以下のVRゴーグルを使ってみる

巷ではPSVRが発売だ、VR元年だ、とか騒いでいるので、いつまでもダンボール製のVRゴーグルじゃないなとネットを見たら、プラチック製のVRゴーグルもだいぶ安くなっていて、千円切るものもあったので購入してみた。

SOYANレジスタードマーク 3D VR メガネ V2
Amazonで998円だった。
もちろん、スマートフォンを入れて使うタイプ。
安いので、どんなものかなと思ったが、予想以上にがっちり、しっかりしている。これで千円なら問題無し。
スマートフォンの取り付けは、小さな吸盤で貼り付ける。そんなに吸着力はないが、実用上これも問題無し。
スマートフォンのサイズは6インチまでということで、Xperia Z4でもGalaxy Note3でも大丈夫だったから、大抵のものは平気だろう。
レンズは前後左右に位置調整可能。結構、動く。
顔に当たるところが剥き出しのスポンジというのが、少々チープ感を出しているが、千円だし。


実際の使用感だが、Youtubeストリートビューのアプリ使ってみると、良い感じである。ただし、今まで使ったのが紙製であるからあまり比較にはならないかもしれない。

一つ問題点は、外部からスマートフォンの操作手段が何もないこと。Cardboardもどきだと磁石のスイッチとかあったが、それもない。まぁ、あの磁石のスイッチはあまり役に立たず、結局隙間から指を入れて操作してたのだが、このゴーグルはしっかりしている分、指を入れる隙間もない。再生をスタートさせてから蓋を閉じるという使い方にになる。逆に、紙製と違って何度も開け閉めすると壊れてくることもなさそうなので(紙製はマジックテープのところが破けてくる)これもありかと思う。でも外部からの操作方法は検討の余地あり。
あと、小さなレンズ拭きとストラップが付属していた。
と思ったら、ストラップがNFCタグだった。これでアプリ起動程度の操作はできるということか。

posted by TOYO at 01:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

[ネットワーク] フレッツ光のモデム無料交換は詐欺?

フレッツ光回線の業者を名乗る男性が家を訪ねてきた。この地域の設備はだいぶ古く、最近ユーザも増えて速度が出なくなってきたので、設備交換の工事を行うという。

その人が示した電信柱の上の設備は、十数年前に我が家がフレッツを始めたときに設置されたものだ。その後、交換があったかどうかは知らないが、そのままなら確かにだいぶ古いだろう。
ちなみに当時、はじめはADSLと思ったのだが、うちは回線速度がだいぶ悪い地域で、それならこれからは光だ、FTTHだと、Bフレッツを申し込んだら、近所では初とかでだいぶ遠くの電信柱から工事をしてたのを覚えている。

今回の工事はNTTが行うので費用は不要という。それで速度が上がるなら有難い、と思ったら、うちのモデムの型式を聞いてきた。古いものだと高速の回線に対応してないとかで、モデムの写真見せながら熱心に聞いてくる。
我が家は、一度他の業者に変えて、数年前にまたフレッツに戻し、その際にモデム交換している。最近、契約はソフトバンク光に変えたけど、モデムはNTTのままだ。
ところが、ソフトバンクの名前を出した途端に、「それでは関係ない話しでした」と、それまでの熱心さが嘘のように、あっという間に帰っていってしまった。それは吃驚するくらいの豹変ぶりだった。

それからしばらくして、つい先日、今度は女性から電話があった。
やはり、近所の回線が高速なものに変更されるので、古いモデムの家は希望者から順次変更するという。交換は無料、さらにモデムのレンタル料も無料になるという。
レンタル料なんで払ってないというと、900円だか取っているという。うちはソフトバンクの契約だから違うのでは、と言った途端にまた「それでは関係ありませんでした」と速攻で電話を切られれた。

なんだかおかしい。契約はソフトバンク光だが、使用している光回線はフレッツである。モデムもNTTが設置したものだ。交換は同じように必要だろう。それとも、ソフトバンクの方で交換を行うということだろうか?

ここでネットで「フレッツ光 モデム交換」で検索かけてみると、出てくる、出てくる、モデム交換を騙った詐欺行為の記事。中には同一人物ではないかと思うくらいそっくりの話もあったが、一年以上前の記事なので定番なのだろう。
最後まで騙された記事は見つからなかったので、どうなるかわからないが、他のプロバイダに乗り換えさせられるのだろうか。なんでソフトバンクは対象外だったかわからないが変更が難しいのか。
なんにせよ、NTTは無料でモデム交換をやってないそうなので、この手の話しは気をつけたほうがよさそうだ。
posted by TOYO at 18:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

[VRゴーグル] SUUMOフリーペーパの付録にまたVRゴーグル

SUUMOのフリーペーパにまた紙製VRゴーグルが付録している。
『SUUMO新築マンション首都圏版』8月2日発行号
近所をチェックしたときは既に無くなってたので、また人気なのかもしれない。見た感じ、前回の付録と同じようなので、まぁいいかとあまり探してないが。
Youtubeには「歌いながら作ろう!スーモスコープ組み立て動画」が公開されている。
スーモスコープ組み立てソング(Youtube)
なんか妙にVRゴーグルに力をいれているSUUMO。

力入れているといえば、今回は「SUUMOスコープ写真投稿コンテスト」も開かれている。
ただ、今現在、SUUMOスコープのWEBページからリンクをクリックしてもエラーになって見られないのだが、自分だけのSUUMOスコープの使い方をTwitterかInstagramに投稿するとからしい。

さらに、これは期日過ぎてしまったが、色違いのSUUMOスコープのプレゼントもやってたようだ。
なんか面白いから、今後の付録は色変えてほしいと思う。

前回の付録は3月、その前は昨年の9月だったので、次はまた半年後くらいだろうか。


SUUMOと関係ないけど、ちょっと気になっているのがこれ
Baseus VR ゴーグル
焦点 / 瞳孔間距離 調整可能、6インチ以下 スマートフォン、
折り畳み 持ち運びに便利

posted by TOYO at 02:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

[VRゴーグル] 『日経PC21』にVRゴーグルの付録

GoogleCardboardみたいな紙製のVRゴーグルは、雑誌の付録にぴったりだと常々思っているのだが、フリーペーパーのオマケとかはあったが、意外とコンピュータ雑誌では見当たらない。気づいてないだけかもしれないが。
と思ってたら、日経PC21誌 9月号の付録がVRゴーグルだったので、なんとなく買ってしまった。すでに紙のゴーグルはいくつもあるのだが、ついつい。
この付録は、Cardboardに比べると、ずっとシンプルで本当に必要最小限の形となっている。フリーペーパー(SUMO)のよりもシンプル。ただ、レンズはとりあえずSUMOよりはちゃんとしている。
でも実は、Cardboardのようにがっちり端末を覆ってしまうより、このように剥き出しの方が操作しやすかったりする。結局、端末の画面をタッチ操作しなければならないので、Cardboardタイプは面倒、何度も開け閉めするのでマジックテープのところが破れてくるし。

ただ、そろそろ紙製ゴーグルは目新しさなくなってきたから、もう少し素材を変えて丈夫にしたVRゴーグルをどっかの雑誌で付録にしてもらえないだろうか。プラスチック製なら500円くらい高くなっても買うのだが。

日経PC21(ピーシーニジュウイチ)2016年9月号
特集 すぐに探せる!コピペも自在!パソコン情報整理術
特集 無料でここまで楽しめる! 今すぐ体験VR
特別付録 スマホひとつで360度&3D! VRゴーグル
特集 ここがツボ! わかっておきたいLINEの常識
posted by TOYO at 01:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

[ネットワーク] Evernote無償版が端末数制限に


Evernoteはかれこれ8年来のユーザである。といっても何でもEvernoteなどというヘビーユーザではなく、複数の端末で使える便利なノートくらいのライトな使い方だ。一時期、プレミアム会員を試したが、データを溜めこむだけで整理つかなかったのでやめてしまった。今は月間アップロード量は無償版でも全く余裕である。

そんな自分にEvernoteからお知らせのメールが届いた。

すでに巷で騒がれているとおり、無償版では利用可能な端末数が2台になるという通知だ。
端末2台はなかなか辛い。スマートフォンにタブレット、ノート(Mac)にデスクトップ(Windows)、最低でも4端末はいる。Web版はカウントされないようなので、PCはそれで済ませる手はあるが。

Evernoteは営利企業だし、便利なサービスを利用するなら金払えという理屈はわかる。
ただ自分のような使い方の場合、長年使い続けた愛着以外には、使い続けたいと思えるかが、なかなか微妙だ。
執行猶予は30日、それまでに決めないといけない。
と思ったが、ポイントがプレミアム会員1年9か月分も溜まっていることに気付いた。ちなみにポイントは安価なプラス会員には使えないらしい。とりあえず、しばらくはポイントで延命しようと思う。ただ、将来を考えると色々な意味で不安ではある。

ネットで販売されているEVERNOTE プレミアムパックは、まだ価格そのままでお得な感じだがいつまで買えるのだろうか。
EVERNOTE プレミアムパック 3年版 2015  ソースネクスト


posted by TOYO at 01:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

[ネットワーク] SoftBank光にフレッツから乗り換えたらBBユニットにはまる (2)

前回の続きで、もう少し具体的にSoftBankの光BBユニットの接続について記しておく。

まず、ホワイト光電話光電話(N)光電話機能BBフォン加入電話、と言葉が実に紛らわしいので簡単に意味を記す。
ホワイト光電話はソフトバンクの光電話で、光電話(N)はNTTの光電話のこと。
光電話機能はNTTのゲートウェイを使用せずに光電話(N)とBBフォンが利用できるソフトバンクのサービス。
BBフォンはソフトバンク(Yahoo!BB)のIP電話。加入電話は昔ながらのNTTの電話のこと。
それぞれのメリット、デメリットは、どうせほとんど使わないので調べる気も起きない(笑)

接続方法については、以下のSoftBank光のWebに記載されている。
ホーム> お客様サポート> 接続と設定> SoftBank 光

このページの配線パターン判別チャートのリンクから、それぞれの条件に応じた接続方法を得ることができる。ここでQ&A形式で質問に答えていくと、条件にあった接続方法が示されるのだが、この方式の悪いところは回答を間違えると、間違った答えに辿り着くことだ。技術的な説明があまりないので、答えが間違っているかどうかが判断しずらい。

自分は5問目の「ホワイト光電話を利用しますか?」で間違えて、「利用しない」と答えるところを「利用する」と答えて、間違った接続方法に行きついた。間違えた理由は前回書いたとおり、SoftBank光に乗り換えた際にNTT東の光電話からホワイト光電話にも変更になったとおもってたせいだ。実際にはNTTの光電話が継続で利用できるようになったいた。

以下、正確を期するため、前述のSoftBank光のWebから接続図を引用して、うちでの失敗例と成功例を記す。実際の接続は条件により様々なので配線パターン判別チャートで自分の場合をしっかり確認したほうがよい。

間違った接続、つまりホワイト光電話を使う場合はこれとなる。
図の引用は
http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/wiring/029.html

ネットワークは、ホームゲートウェイのUNIから光BBユニットに接続。
電話は光BBユニットのみで、ホームゲートウェアとの間はつなげない。
ちなみに、これだとホームゲートウェア側のEthernetのルータ機能は使えなくなるので少しもったいない気がする。

正解の光電話を使う場合はこれ。
図の引用は
http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/wiring/027.html

ホームゲートウェアからは通常のWiFiルータのように光BBユニットを接続。
電話は光BBユニットからホームゲートウェアにも接続する。


まぁ、わかれば当たり前なのだが。

posted by TOYO at 02:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする