2017年05月13日

[アクションカメラ] 5千円カメラの試し撮り(動画あり)

5千円台のアクションカメラDBPOWERでいくつか試し撮りをしてみたので参考までに公開。
とりあえず試し撮りなので、内容は適当。あと、音声は周りの声を拾ってしまったので削除して無音とした。

4月の中目黒の石神井川の桜。少々暗いのは天候が悪かったせいで、カメラのせいではない。


5月の連休の横浜港。晴天だと鮮やかに撮れている。


もう一つ、横浜港の大桟橋。


以上、値段にしてはよく撮れていると思うが、問題が一点、右上隅と右下隅が黒くなって画像が写っていない。自分の購入した製品固有の問題かも知れないが、とりあえずメーカに問い合わせてみようと思う。

初めの動画は、スマートフォン用の自撮り棒にカメラをつけて撮影したが、さすがに強引なので、Amazonでアクションカメラ用の自撮り棒を探したところ、3点セットで安いのを見つけ他ので購入した。

TEKCAM アクセサリーセット スポーツカメラ用
自撮り棒、フローティングハンドグリップ、車載吸盤マウントの3点セットで1,499円。
20170513ac.jpg

横浜の撮影はこの自撮り棒で行った。少々ネジが甘く感じられるところもあるが、実用上問題なし。この値段であれば文句はないと思う。


q.jpgDBPOWER ウェアラブルカメラ 12MP 1080P フルHD 1200万画素 170度広角レンズ 30M防水 バイク/自転車/車などに取り付け可能 19個のアクセサリー付け ブラック
posted by TOYO at 17:11 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

[アクションカメラ] 5千円のアクションカメラを買ってみる

5千円台のアクションカメラAmazonで売られているのが気になっていた。
最初は少々と怪しいと手を出さないことにしたのだが、あまり悪い話しが出てこない。初期不良はそれなりにあるようだが、交換もしてもらえているようだ。そこで我慢できずに連休を前に購入してみた。

q.jpg
DBPOWER ウェアラブルカメラ (ブラック)

1200万画素 1080PフルHD
170度広角レンズ 30M防水 19個のアクセサリー付


到着した商品はちゃんとした箱に入っており、中には本体と予想以上に多い付属品。防水ケースに各種のマウントツール、予備のバッテリなど。
20170429ac1.jpg

日本語だけど実にシンプルなマニュアル。大量の付属品の説明も写真くらい。カメラ本体もごく基本的な説明しかない。
まぁ、デジカメを使ったことがあれば、特に問題はないレベルだけど、マウントツールの組み合わせは少し考えた。

アクションカメラ用の自撮り棒とか持ってないので、とりあえず普通の自撮り棒に取り付けて使用してみる。
20170429ac2.jpg

結果、普通に使える。値段から考えれば、むしろ驚く。

もう千円ちょっと出すとWiFi機能付きにモデルもある。あまり使いみちも浮かばなかったのでWiFi無しにしたが、さして価格差もないのでこっちでも良かったかもしれない。

DBPOWER アクションカメラ 2インチ WIFI機能搭載 1400万画素 1080P フルHD 170度広角 30M防水
posted by TOYO at 01:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

[文房具] 新発売 手帳サイズのAccess NoteBookを買う

文具店でAccess NoteBookの手帳サイズ版が発売されたいたのを見かけ購入した。
Acceess NoteBookはもともとA5よりちょっと大きいサイズのものが数年前から発売されており、なかなか使い勝手が良いので、手帳サイズがあればいいなと思っていたところの発売だ。

アクセスノートポケット AccessNotebookPocket 黒

最大の特徴はこの折れ曲がる裏表紙
20170312an1.jpg
ハードカバーの表紙なのだけど折れ目が入っていて、簡単にページをめくれるようになっている。
ただ、裏表紙を曲げて戻すときに、ペリペリ音がするのがちょっと気になる。A5サイズ版ではこんな音はしなかったのだが。製品のばらつきで、たまたま自分が買ったものがそうなのかもしれないが。

サイズは165mm×95mmなので、モレスキン(140mm×90mm)やロイヒトテュルム(150mm×90mm)の手帳より大きい。
20170312an2.jpg
上から、モレスキン、ロイヒトテュルム、アクセスノート。

まずは4月からでも仕事の手帳としてつかってみようと思う。

本家のA5+サイズはいつの間にかカラーバリエーションも出ていた。
Access Notebook (アクセスノートブック) 黒
Access Notebook (アクセスノートブック) 白
Access Notebook (アクセスノートブック) グレー
posted by TOYO at 01:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

[文房具] 2017年のカレンダーは「ゴジラ」と「ムーミン」

今年のカレンダーは、ゴジラムーミンにした(笑)


ゴジラのカレンダーは壁掛けの「ゴジラ シン・ゴジラ 2017年 カレンダー」というものが発売されている。
それにしようかと始めは思ったのだが、どうもデザインが今一つ、子供っぽいというか、それはそれで味があるというのかも知れないが、自分の趣味的にはあまり部屋に飾りたくない感じで、どうしようかなと思ってたら雑誌DVD&ブルーレイでーたの付録にゴジラのカレンダーを見つけ購入した。
シン・ゴジラって観ているのはほとんど大人だと思うので、もっと大人っぽい格好良いカレンダーを作って欲しいものだと思う。あまり需要ないのかな?そうかもしれない(笑)

ムーミンのカレンダーは、店頭で見かけて、会社の机の上に置こうと購入した。なごむ(笑)

DVD&ブルーレイでーた 2017年 1月号
特別付録:2017 GODZILLA CALENDAR
デスクカレンダースリム 2017年 ムーミン
サイズ:185×65×50mm

posted by TOYO at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

[文房具] 今年のスケジュール帳は引き続き 『グリーティングライフ MOMENT PLANNER』

年末に来年(つまり今年)のスケジュール帳を買うのを忘れてたことに気付く。
「超」整理手帳は早めにネットで買っておいたのだが、あとは店頭で確認してとか思っているうちに12月も終わりになってしまった。時間もないので、ここ二年ほど使っているグリーティングライフMOMENT PLANNERをネットで購入することとする。月間ページ・週間ページを見開きで見ることができるのが特徴のスケジュール帳で、なかなか便利なものである。

モーメントプランナー グリーティングライフ
2017 A5 バーチカル ウィークリー
CD-588-HT

この手帳を使うのは3年目になるが、毎年少しづつ改良されている。
今年の最大の改良点は、カバーに透明ビニルのシートが付いたことだろう。これの使い方は、下の写真のように、現在のページにインデックス代わりに挟み込めるようになっている。

これで何が嬉しいかというと、使った人は分かると思うが、月間ページが使っているうちに折り込まれてしまって、端の方からヨレヨレになってくるのを防止することができるのだ。
下の写真は昨年のやつだが、こんな感じにヨレヨレになってくる。自分は手帳は使い込んでボロけるものと割り切っているが、気になる人はだいぶ気になるだろうから、良い改善なんじゃないかと思う。

他にも、土日の欄が他の曜日同様に大きくなったとか、時間が5時から24時まで記載できるようになったとか、細々と意見を取り入れて改良しているようだ。

明日から仕事始め、実際の使い勝手はこれからだが。

posted by TOYO at 02:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

[文房具] iPadサイズのスケジュール帳 yPadがとても便利

新しい手帳のシーズンだが、ここ最近気にいっているのはyPadだ。
あのiPadが流行っているときに登場したので、初めは面白文房具の類かと思ったのだが、使ってみると予想以上に便利で、一年使って先日2冊目を購入したところだ。

yPad 7
寄藤文平 (著) 朝日新聞出版 (2016/9/20)
すでにバージョン7で、本家(?)iPadを超えているような。
ちょっと失敗したのは10月に終わりそうだったので、早めに9月はじめにyPad6を購入したところ、すぐに次のバージョンが出てしまったことだ。もっとも、その前に使ってたyPad4との差もほとんどないので、あまりバージョンは気にすることはなさそうである。

yPadの最大の特徴は、見開きに二週間のスケジュール表とガントチャートを配置している点で、日々の予定と日をまたがった仕事の計画を関連づけて管理ができる。会議や出張の混み具合で、この作業終わらせるには何日かかるなと計画立てたり、逆に締め切りが重なってきたので出張は避けようとか、慣れてくると実に便利である。

ただ、実は初めて使ったときは、使い方がピンとこなくて、二週間で使用をやめてしまった。その後、一年ほど放置したあるときに、細々とした仕事のやりくりが大変になり、ここでyPad使えばうまくいくのではと試したところ、ピタリとはまって、それ以来愛用している。
yPadが向くのは、会議や打ち合わせなど日々の予定がそこそこあって忙しく、かつ複数の仕事を並行して進めなくてはいけないような仕事の人ではと思う。スケジュール表とガンチャート、両方使わないと良さはわからないと思う。
幸いyPadは日付が入ってないので、いつからでも始められるし、私のように途中で中断して再開もできるので、まず試してみるのもいいだろう。

ちなみに、私は使ったことはないが、yPadには半分の大きさのHalfと、大きなProも存在するので、仕事内容や用途に合わせて選ぶことができる。

yPad half X
寄藤文平 (著) 朝日新聞出版 (2016/9/20)
見開き一週間分のハーフサイズ
yPad PRO
寄藤文平 (著) 朝日新聞出版 (2014/10/21)
見開き一カ月分、これは結構でかいらしい

posted by TOYO at 02:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

[酒] 「一番搾り 東京づくり」と「&TOKYO」

オリンピックに都知事に、冴えない話題ばかり続いている東京だが、とりあえずスーパーで見つけたキリン「一番搾り 東京づくり」を買って飲む。

東京の誇りを限定醸造 、夢に燃える東京の人を応援する、世界に誇れる一杯。
キャッチコピーはいい。飲んでもおいしい。でも、何が東京かはよくわからない(笑)
東京で作っているのかと思えば、横浜工場製造と堂々と書いてある。
ただ、パッケージのイメージカラーが「&TOKYO」のクチナシ色なんだそうだ。「&TOKYOって?
ネット検索したら、「&TOKYO」は東京都が推進する「東京ブランド推進キャンペーン」のブランドコンセプトに基づくロゴ・キャッチコピーらしい。
さらに「& TOKYO」は、5つの”東京独自の価値”を5色で表現していて、その中の一つが支子色(くちなしいろ)で、「常に活力のある都市としての価値「Exciting」は、気分を明るくする「支子色」で表現します」だそうで、いよいよ意味不明だった。
とりあえずホームページまであった。
&TOKYO 東京ブランド公式サイト

「&TOKYO」は今一つ意味不明だが、一番搾り東京づくりはキリンの47都道府県の一番搾りの一つなのだそうだ。他県のも飲み比べてみたいが、入手できるのか調べたら、お中元用のセットは売られていた。店頭で各県のが買えれば、手軽に飲み比べ出来るのだが。

キリン 一番搾り地元うまれオリジナル飲みくらべ
内容/一番搾り×1、一番搾りスタウト×2、北海道づくり・仙台づくり・取手づくり・横浜づくり・名古屋づくり・滋賀づくり・神戸づくり・岡山づくり・福岡づくり×各1、各350ml

posted by TOYO at 02:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

[酒] フレッツのポイントで「宇都宮カクテル」

SoftBank光に乗り換えたので、少し溜まっていたフレッツのポイントを使い切ってしまうことにした。フレッツのポイントはカタログから商品を選ぶのが多いので少々使いづらい。
何にしようか、しばし悩んでこれにした。

宇都宮カクテル8本セット


左から、二荒杜スカイジンジャー/芳醇梨ギムレット/栃乙女ダイキリ/杉並木ビッグアップル/大谷梅ファジーネーブル/王林茶プリンセスローズ/那須瞳ロイヤルブルーベリー/巨峰雫パープルクィー ・・・名前がすごい(笑)

ちなみに宇都宮は何故かカクテルの街なのだそうだ。
この宇都宮カクテルは、以前に物産展か何かで数本買って飲んだことがある。こんな機会でないと8本セットなど飲む事もないだろうと購入してみた。
冷しておいて、この夏に楽しみたいと思う。


5本セットであれば楽天でも売っている。何故か8本は見当たらない。
宇都宮カクテル 150ml×5本セット
大谷梅ファジーネーブル、杉並木ビッグアップル、栃乙女ダイキリ、芳潤梨ギムレット、二荒杜スカイジンジャー

posted by TOYO at 01:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

[THETA] THETAの写真をGoogle Photoで管理

RICHO THETA Sが面白くて360°パノラマ写真をついつい撮りまくっている。撮った写真はGoogle Photoで管理すると、そのままパノラマ写真が見ることもできるので便利だ。THETA Sの画素数は5376×2688=14Mピクセルなので、Google Photoに無制限でアップロードできる。
ただ、Google Photoは基本的には時系列に写真を管理するので、普通の写真とパノラマ写真が混在してしまうのが少々難点ではある(THETAで撮影しているときは同時に普通のデジカメも使っている場合が多い)。
そこでTHETA専用にGoogle Photoのアカウントを取ることにした。

Google Photoのアプリはマルチアカウントには対応しているのだが、自動アップロードは一つの端末について特定のアカウントに固定される。こっちのフォルダーはこのアカウント、あっちのフォルダーは別のアカウント、といった使い方はできない。
仕方がないので、古いスマートフォンをTHETAの管理専用に復活させることにした。

GALAXY Note(初代)ひさびさの復活。
バッテリが膨らみあがってたので、新しいのを購入するはめになった。
純正品なのにこんなすぐに膨れるか?と思ったがネット見たら結構皆膨らんでいるようだ。
まぁ、それはおいておいて・・・
とりあえずこれで、THETAで撮影したらGALAXY Noteに転送すれば、あとは自動的にGoogle Photoにアップロードされる。パノラマ写真はGALAXY Noteにも残るので、すぐにVRゴーグルで見ることもできる。便利だ。
残念なのは、THETAのアプリの画像の転送対象が端末本体のみでSDカードが使えないこと。Androidのバージョンが古いので自動で写真のSDカードへの移動もできない。まぁ、たまに手動でやれば済むことだが。

posted by TOYO at 01:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

[THETA] THETA S で撮った桜の写真

RICHO THETA Sで3月に撮影した桜の写真。
残念ながら、いつも天気が今一つだったが、それでも360°パノラマ写真の臨場感はすごいなぁと思う。

松田山の河津桜 早咲きのピンクの桜
松田山 まつだ桜まつり (16/2/28) - Spherical Image - RICOH THETA

一の堰ハラネの春めき桜  ソメイヨシノより一足先に咲く新しい品種
一の堰ハラネ 春めき桜まつり (16/3/20) #sakura3d #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

花びらのエフェクト試してみた。

posted by TOYO at 02:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする