2017年08月07日

[スマートフォン] 熱すぎるのでスマホ用冷却ファンを購入する

屋外で使っているとXperia Z5は火傷するんではないかと思うくらい熱くなる。
スマホが熱いのは今に始まったことではないが、今年は特に熱く感じるのはポケモンGOのせいもあって、スマホ片手に屋外を歩いていると、とにかく熱い。
熱いだけでなく、カメラは使えなくなるし、動作ももたついてる気がするし、多分バッテリの寿命にも悪影響だろう。

いよいよ八月を迎えるにあたり対策を考える。自分のXperiaはケースなど一切つけずに使用しているので、ここは工夫のしようがない。熱対策というより、Xperiaはデザイン良いので余計なものを付けたくなかったからだ。
検討の結果、冷却ファンを試してみる。

サンワダイレクト スマホ用冷却クーラー 400-CLN024
20170806sf.jpg7枚羽根のファン、1000mAhのバッテリー内蔵。
装着してみる。
Xperiaは側面に色々スイッチがあるので、この手のものは固定しづらいのだが、このファンは本体を固定する爪が結構大きく動かせるので問題ない。
ただ、そもそもの、Xperiaのデザインが、という話しはどこに行ったというくらいのゴツさではある(笑)

風量は三段階に調整でき、強にするとそこそこの強さで、冷却効果も期待できるのではないかと思われる。温度を測ったわけではなく、体感なので断言はしづらいのだが、暑さが緩和されているように気がする。ただ、真夏の屋外では冷えていると感じるのは無理で、あくまで気がするレベルだ。
使ってて何より有難いのは、持っている手に風が当たって熱くないことだ。この不快感の解消が実は一番の効果かもしれない。
ちなみにメーカーのデータでは、約28.7度の室内でXperia Z4で動画を1時間再生したとき、13度の差が生じたそうだ。

今回、次点で候補に上がったのはこれ。デザイン的にはこれだったのだが、吸盤での固定が若干不安だったのでやめたが、バッテリにもなるし、未だに少々悩んでいる。
20170806sf2.jpgMiletech スマホ クーラー
2000mAhバッテリー内蔵、11枚羽根の冷却ファン、モバイルバッテリー機能付き
posted by TOYO at 01:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

[Amazon] Fire TV Stickも購入 Amazonの思う壺

AmazonFire HD8を購入する際にプライム会員になったばかりだが、Fire TV Stickも購入した。プライム・デーで安かったのが大きいが、Amazonの商売にうまく嵌められている感もあり(笑)

今までは、動画のストリーミングサービスなど、TVの録画も観る時間が無くて消しているのだから自分には不要、という考えだったのだが、あっさり改めた。
最近、TVで映画は全然放送しなくなったし、そもそも、映画館に行ったりレンタルしたりするほどではないが、TVでやってたら観ようくらいの映画はまず放送されない、などと自分に言い訳をしつつ、どうせ観るなら居間の大きなTVでみたいと注文する。

Fire TV Stick (New モデル)
20170721fs.jpg

コンパクトだが、Fire HD8に比べると値段の割に高級感がある。
音声入力もできるリモコンも使いやすいが、AndroidのAmazonプライム・ビデオのアプリから直接Fire TV Stickへ再生できるので、主にタブレットから操作している。
Fire TV Stickを購入したら、自動的にアプリに「Fire TV Stickで観る」ボタンが追加されたのは感心した。そういえば、Fire TV Stickには初めからAmazonのIDが設定されており、初期設定不要なのもよくできている。

画質は良好、映画を丸々観てもコマ落ちとか特になし。画像圧縮のせいか、少々バンディングノイズだかが見えることはあるが気になるほどではない。ちなみにWiFiルータは居間の直上の二階の自室にある。

何にしても観たいときにすぐに観られるのはやはり便利だ。ついついどうでもいいものまで観てしまっている。
posted by TOYO at 03:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

[タブレット] Amazon Fire HD8 購入とプライムの罠

先月発売されたAmazonのFire HD8を購入した。
8インチのタブレットは今までiPad mini 初代を使用、未だに初代かという話しだが、ほとんど外出時の電子書籍リーダとしてしか使ってなかったので、あまり困ってもなかった。しかし、さすがにページめくりとかもたもたしてイラつくこともあるし、近頃はタブレットも安くなってきたので、そこそろいいかなと買い替えである。

なにしろFire HD8は定価11,980円、さらにプライム会員なら4,000円の割引となる。会費が年間3,900円なので、入会してない自分のような者にとっては実質1年分会費が無料なわけだが、何にしても得なので、Fire HD8を購入する際に入会することにした。

が、しかし、ここで一つ計算外のことが発生。Amazonのプライム会員は30日間無料体験ができる。この期間は当然ながらFire HD8の割引はない。自分はてっきり、このお試し期間をスキップできると思ってたのだが、そのような方法はないらしい。
結局、一月遅れての購入となったのだが、ようやく手に入ったと思ったら翌週のAmazonプライムデーで、なんと6,000円の割引き。なんだか2,000円損した気がする。

そんなで何となく損した気がするFire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック
20170720fh.jpg本体はそうでもないが、パッケージが随分と思い切ったチープさだ。でも、一万円切っていると考えれば相応か。

せめて、カバーくらいはプライムデーに買おうと思ったら、割引にはならなかった。
それどころか軒並み値上げされている。多分Fire HD8がプライムデーに売れて需要が増すという計算なんだろうが、やられたという感じがする。自分は事前にいくつか価格チェックしてたので気づいたが、ほとんどの人は気づかないんじゃないだろうか。
楽天を見たら値段変わってなかったので(むしろ安かった)そっちから購入した。届くのに時間少々かかったが。

Fire HD8の感想はもう少し使ってから書く。とりあえずは良さげである。
posted by TOYO at 02:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

[パソコン] メモリ増やしたけれど、どうもWindowsが重い

メモリを8GBに増量した我が家のWindowsパソコンだが、起動してタスクマネージャのパフォーマンスを見るとこんな状況である。
20170709win.jpg

8GBに増やしたのにメモリ使用率80%超え、相変わらず足りてない。
だが、6GBのときも、その前の4GBだったときも、使用率は似たようなものだった気がするから、結局あるだけ使ってしまうのだろか。

まぁ、メモリはそれでも一杯にはならないから良しとして、問題はディスクである。
起動してからしばらくは使用率100%、ガリガリ、ガリガリ、動く続けている。5分、いや10分近く動いているだろうか。その間、パソコン全体の操作も重くて仕方ない。

タスクマネージャを睨みながら、余計なサービスやアプリを止めたりしても、あまり効果ない。だいたい動いているのはWindowsのシステムそのものだったりする。
まぁ、しばらく待っていればディスクアクセスは収まりはするのだが、またアプリを動かしたりするとガリガリと始まったりする。

このPCにWindows をインストールしてから既に7年ほど経過、そろそろクリーンインストールし直す時とも思うし、SSDの時代かとも思うが、全部インストールし直しと思うとなかなか気が重い。そもそもPC買い替え時期か・・・
そして今日もガリガリ・・・
posted by TOYO at 02:28 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

[文房具] ニーモシネ限定版第二弾と二つ折りのクリアファイル

相変わらず文房具の流行は続いているようで次々と新しい製品が出てくるが、だんだん飛びついて買うことも少なくなって来た。さすがに少々食傷気味、というか、あれこれ使っても結局自分の定番というものが出来てくるからなんだろうと思う。
ノートだとMarumanMnemosyneがそれで、これのA5版のリングノートと縦長変形のブロックメモが自分の定番中の定番で、だんだん他はいらない気がしてくる。
と思ったら、文房具店に行ったらMnemosyneの限定版がまた売っていた。飛びついて買う(笑)

ニーモシネ×クリエイターズ 2nd COLLABORATION 『TEAM GOLD』中谷ゆり
第二弾の今回は動物柄。限定1000冊。
20170708n1.jpgN182C5/A5サイズ リングノート
N193C1P/A7変形サイズ リングメモ 3冊パック

他にA4、B5もあり。


あと、これはアイデアだと思って買ったのがKING JIMのCOMPACK
20170708b1.jpgキングジム 二つ折りクリアーファイル「コンパック」10ポケット

ようは半分に折ることにより、A4の書類が収められるA5サイズのクリアファイル。
A4の書類は仕事では多く使うけど、カバンに入れるのに少々大きすぎる、特にクリアファイルになるとさらに一回り大きくなるので邪魔、というのを見事に解決した製品。
これだけで楽しくなってくる。

結局、乗せられて買っている(笑)
posted by TOYO at 18:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

[SF] 小松左京の短編「アメリカの壁」

小松左京の短編SF小説「アメリカの壁」(1977年発表)が、今のトランプ政権のアメリカを予言してたとかで話題になっているらしい。そんな話しをネットで見かけた。

何度か書いているが、自分は小松左京のファンであり、ほとんどの小説は読んでいる。でも「アメリカの壁」は名前くらいしか記憶に残っていない。もちろん小松左京の短編小説は山のようにあるし、ほとんど読んだと言っても、全部覚えているわけではない。むしろ30年以上経って忘れてしまった方が多い。
気になるのでちょっと調べたら、「アメリカの壁」は1982年に文春文庫から出ているので、やはり読んでいる可能性が高い。同じ本に収録されている「眠りと旅と夢」「ハイネックの女」などは記憶に残っている。
いよいよ気になったので、Kindleで購入した。話題になったおかげか「アメリカの壁」だけで電子書籍で売られている。短編一つで買えるのも電子書籍の良いところだと思う。

q.jpgアメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
小松左京(著)

面白いが60頁の短編なので小粒でもある。あと、印象に残りづらかったのは、アメリカが「壁」により世界から孤立するというアイデアが、すでに「物体O」 (1964年の作品)で読んでいたからだろう。こっちは、壁に遮断されるのは日本だが。
広大な地域が外の世界から孤立するアイデアは、この後「首都消失 」(1985年)でも使われるから、お気に入りだったのだろうか。だいたい10年おきだが、三作とも「***が世界から完全に遮断されたら」という設定が共通なだけで、内容的には全く別の作品ではある。

話しを「アメリカの壁」に戻すと、確かに今のアメリカを予言していたと言えなくもないが、むしろ70年代終り当時のアメリカの状況が今と近いのだろうと思う。このあと、80年代に入って日米の貿易摩擦だととか、スーパー301条だとか、日本車壊したりだとか、色々騒ぎがあったような気がする。

「アメリカの壁」は短編集もKindleで販売されているので、未読の人はこっちの方もお勧め。

ak2.jpgアメリカの壁 (文春文庫)
小松左京(著)
収録「眠りと旅と夢」「鳩啼時計」「幽霊屋敷」「おれの死体を探せ」「ハイネックの女」

posted by TOYO at 01:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

[映画] 2017年のキングコングと2005年のキング・コング

今春に公開された映画「キングコング: 髑髏島の巨神」は、なかなか派手な怪獣映画で楽しめた。宣伝の段階で、怪獣映画をストレートに出していたのも好感もてた。シン・ゴジラのおかげかもしれないが、世の中、怪獣映画に追い風な気がする。
そして、やはりハリウッドの怪獣映画といえば、キングコングだと思う。

「髑髏島の巨神」も面白かったけど、2005年に上映された「キング・コング」も面白い、というか個人的にはこっちの方が好きだったりする。久々に見たくなってDVDを引っ張りだした。

この2005年の「キング・コング」がどのくらい好きかというと、自分としては珍しくプレミアム・エディションのDVDを買っている。

20170514kg1.jpgキング・コング プレミアム・エディション
ナオミ・ワッツ (出演), ジャック・ブラック (出演), ピーター・ジャクソン (監督)

自分は特典映像の類はあまり興味ないので、DVDはほとんど通常版なのだが、実はこれには「スカル・アイランド徹底解読本」なる小冊子が付録で付いており、それ目当ての購入だった。
20170514kg2.jpg

本作のスカルアイランドも、新種の恐竜やら巨大昆虫、何やらわからない生物やらが徘徊する島で、それらの説明が100ページあまり載ってる楽しい本である。
20170514kg3.jpg

舞台が1930年代の分、未知の世界への冒険はリアリティがあるし、スカルアイランドは不気味だし、ナオミ・ワッツ は魅力的だし、あらためて観ても面白い作品だが、難を言えば三時間という上映時間が怪獣映画としてはいささか長い気はする。何度か観ていると、スカルアイランドのくだりだけでいいかな、とも思ってしまうが、ニューヨークで暴れるコングも魅力ではある。

ひたすら怪獣アクションの新作ももちろん悪くはないので、来月にはブルーレイも発売だし、また見比べてみたいと思う。

kingkong.jpgキングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

posted by TOYO at 02:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする